好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
かもめ シアターBLAVA
2008年07月25日 (金) | 編集 |
藤原くんの舞台一度見たくて。
会社の帰りに行ってきたよぉ~。



クリックご協力お願い~♪☆257*2006.8.29 Web拍手♪




かもめ、タイトルは知ってるけど。
作品内容はよく知らないの。
原作読んでないし。
読んでいったほうがよかったかもしれない。

内容は難しかったかなぁ。
ロシア文学ってこういうカラーが多いような気もしたよ。

藤原くんの演技ってすごいね。
セリフの一字一句完璧だもんね。
オペラグラスで何度か見たけど。
声ですぐわかっちゃう。
あれだけのセリフいえちゃうの。
さすがだね~。

かもめはひとつの定義だったのかなぁ。
主人公もちょっと性格がかなり偏ってるというか。
こういう作品ってたいていそうかなーとも思いつつ。

モーツアルトもカリギュラも主人公の個性が強すぎて。
少しついてけない感あったから。
そういう主人公なんだろうなぁ。って

主人公だから。
かもめはカレかなとも思ってたんだけど。

相手役の女性の方が。
自分のことかもめって言ってたよね。
なので少しよくわからなくなっちゃったなぁ。
みな、かもめということかなぁ。

かもめの象徴ってなんだろう。
自由にどこへでもいけるようになりたいという願望なのかなぁ。

少し難しすぎたのと。
ラストがえ?ここで終わったの?ってわかりづらくて。

カーテンコールがもひとつよくわからないまま。
終わっちゃったんだなぁ。
藤原くんのファンの人が。
きっとたくさんいらしたと思うのだけど。
いつもこういう感じかなぁ。
それとも今日の雰囲気が。
そうなっちゃったのかなぁ。
少し残念な気がしたの。

いつか機会があれば。
蜷川さんの藤原くんみたいな。(*^o^*)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック