好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
フィラデルフィア美術館展☆印象派と20世紀の美術
2007年09月23日 (日) | 編集 |
春に京都市美術館行ったときに
このちらし見て、季節的にはきついけど(夏は弱い私)
作品を見る限り、どうしても見にいきたいって思ってました。

とはいえ、今年の異常な暑さだと京都は特になかなかいけない~。
もう半分あきらめかけてたけど最終日なんとか行ってきました♪



フィラデルフィア美術館展 印象派と20世紀の美術 
 7月14日(土)-— 9月24日(月・休)


東京都美術館

美術ブログブログランキング参加中♪




フィラデルフィアがどこの美術館かも
よく知らなかったのですが(^-^;
アメリカの独立宣言をした場所だそうで。
そう言われるとかなりわかりやすく
自分の頭にインプットされました(笑)

京都市美術館はいつも作品数が多くておまけに混んでる~。
なので見にいく日とか時間とかいろいろ検討するんですけどー。
今回は最終日なので空いてる時間を考える余裕もなく。
お昼頃に着いてみると、思ったほど混んでませんでした。
これならゆっくり、まったり、鑑賞できるかも~~~。(#^^#)

少し前にためしてガッテンで、
美術館鑑賞の仕方みたいなのやってて。
それをヒントにしながら鑑賞してみたのですがー。
改めてやってみると、本当に記憶に残しておける数は
限られてるなぁって。
実感しちゃいました。(*^^*ゞ

もちろん見て周ってるときには、
いくつか印象の深い作品があったし、
つっこみいれたいようなユーモアな作品もあったし、
横に書いてるタイトル、簡単な紹介文を読んで
改めて感動を受ける作品もあったのだけど・・・
美術館を出てふと思い出そうとすると、
自分の記憶に残しておける作品って限られてるんだなぁ。
よほど自分にとって印象深い作品以外はということなのだけど。
だからお気に入りの作品を自分で選んで
記憶に残すことができれば、いいかなぁ。

一番印象に残ったのは、
チラシにもチケットにも案内されてた
ルノアールのルグラン嬢の肖像です。
クリアファイルもやっぱり買っちゃいました。
この作品を見てみたいと思い、
美術館に行きたかったというのも理由のひとつー。

一年前に六本木ヒルズで見た
クリーブラント美術館展に行ったときも
ルノワールのこういう作品が紹介されてて
それを見たくて行ったのですがー。
同時期に書かれたんじゃないかなぁって思いました。
たぶん若かった頃。
生活のために肖像画を描いていたようなので。
その頃の作品ではないかと・・・
年齢みたら30代のころだったような気がします。
混んでる美術館ではあまり紹介文て見る余裕がなくてさ。

ルノアールの作品はふくよかな体型のご婦人の
丸みを感じる絵のイメージが強いので、
こういう少女の作品は珍しい感じがするんです。
私があまり知らないからかも(^-^;

最近こういう作品が日本に来る機会が増えたのかなぁ。
アメリカの美術館にはこういう所蔵が多いのかなあ。
ぼんやりとそんなことも考えちゃいました。
やっと見れてよかった☆

あと印象に残ってる作品がいくつか。
やっぱりどうしてもポピュラに
日本で知られてる画家の作品は印象が強くて。
ピカソの3人の音楽師ーピカソの作品は
特別好きなタイプではないのですが、
あの鮮やかな色彩は目が惹きつけられました。
ああいう感じの赤って日本ではあまり見ない気がするー。
ピカソの絵の感覚って私にはよくわからない、理解できない(笑)
だけどあの絵は不思議な魅力を感じました。(#^^#)

それからカミーユ・ピサロのラクロワ島、ルーアン(霧の印象)
貼り絵のような感じの絵で白が印象的でした。
なぜかその白の感じがひかれちゃったなぁ。
なんとなくこういう絵のほとんどに白を使った作品は
あまりないような気がしたの。

エドゥアール・マネのキアサージ号とアラバマ号の海戦
たぶんあの灰色色の強いヨットの絵だったのではないかなあ。
あの絵も印象に残ってます。

ちょっといたずら心を感じるかわいい作品に思えたのが、
月に吠える犬(ジョアン・ミロ)
「そんなの知らないよ」って文字が描き添えられてたとか?
ユーモアを感じてわんこも少し漫画チックで
暗い夜の作品なのに楽しい感じがしました。

あまり画家のことは知らないのに、惹かれたのが
ジョージア・オキーフのピンクの地の上の2本のカラー・リリー
結局ファイルまで買っちゃったし。(#^^#)
アンリマティスの青いドレスの女。
好きな感じではないのだけど、5色だけで仕上げたという紹介文が
なぜか印象に残って記憶に残りました。

後でタイトルだけ見ても思い出せる絵は
少ないなぁって気がします(^-^;
もっともっと記憶に残せるように
観ることができたらいいのになぁ。

どうでもいいけどグッズは高い。なぜか(笑)
美術館的に?京都市美術館に来てるから?
とにかく高いなぁって今回は感じましたぁ。
だからクリアファイルしか買ってません~~~。
お魚さんのバッグもあったようでそれ、見たかったなぁ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック