好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『いつかパラソルの下で』森絵都
2007年04月21日 (土) | 編集 |
いつかパラソルの下で いつかパラソルの下で
森 絵都 (2005/04/26)
角川書店
この商品の詳細を見る


柏原野々は雑貨店で働く28歳の独身女性。
厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出した。
そんな父も死に49日の法要を迎えようとしていた頃、
生前父と関係があったという女性から連絡が入る……。


ランキングご協力お願いします♪

森さんの児童文学以外の作品って
他にも出てるのでしょうか?
永遠の出口に続いて2冊目読んでみました・・・

読後感 最初に感じたひとこと。
身内ってやっぱりいいもんだなぁって
純粋にそう思えました。

今頃になってそんなことわかってしまってさあ。
知らなければよかった、
何もわからないままでよかった、
そういう気持ちもある一方で。

知った以上はそれはそれでよかったのかなぁーって。
なんとなくそれが父親のことだと抵抗もあるんだけど。
でも、父親といえどひとりの人間だし。
生前それを知られないように父親が家族に
だまっててくれたことも
ある種の優しさだったのじゃないかなあって。
そんな風にも感じました。

子供たちにこんなにざくざくと掘り返すように(笑)
真実を知られちゃって、
お父さんはあの世でさぞあたふたしてるんじゃないかなー
楽しいって言うと語弊があるのだけど、
家族はいいなあって思えるような作品でした。

身内が亡くなって一年って
実感がわかない部分もあるっていうか。
そういえば家に帰っても会えないなあみたいな。
なくなってるって事実はわかっていても
どこかでまた会えるような気がしてしまうというか。

亡くなった直後の悲しみは落ち着いてるものの、
さみしさが時々じわじわっと感じ始めてくる頃だと思うんです。
そういう時期にお父さんのスキャンダルを知ることは、
ちょっと心がざわざわするような気分になりそうだけど。
時期が時期だけに腹立たしさもあるんだろうけどね。
生前厳しすぎる人だと余計にねぇ。

特になんともなしに、大きなイベントがあったわけでもなく、
ラストも自然な形で終わったかなあという感もあるんだけど
私の中ではとてもいろいろ考えてみる機会があって。
すごく読み応えのある一冊でした♪

彼氏と元通りになれてよかったねぇ。
それが一番読んでてうれしくなった場面かなぁ。
最後に
お父さんにも見せてあげたかったねぇ
・・・とほんの少しさみしさを感じながら。
読み終えました。

生きていればいろんなことがあるんだよね。
ちっちゃなことでも身内のことだったらすごく大きく感じたり。
こころがざわざわすることも聞かされることがあったり。
いらんことも耳に入ってしまったりー。
何のために?ってわけでもなく、父の故郷をたずねてみたり。

それもすべて今自分が生きているゆえなんだと思う。
もちろん私のこの本に出合えたっていうのもね。

森さんの世界、また一歩親しみがわきました。
次は何を読もうかなあ。
あ、ちなみに今DIVE!読んでますぅ~(((((*^o^*)♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
@ 藍色 さま
コメントありがとうございます。
ありがちなところが親しみやすく
いろいろ考える機会ももてました。
こちらこそTBヨロシクおねがいします。
2007/04/23(Mon) 23:08 | URL  | 柚布 #BqEwgRj.[ 編集]
トラバ、ありがとうございます。
家族や生活のこと、
いろんなことを考えさせられました。
読み応えのある一冊でしたね。

また合う記事がありましたら、
TB、コメントお気軽にどうぞ。
2007/04/22(Sun) 13:53 | URL  | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 第133回直木賞候補作。森絵都の書き下ろし長編小説。  吉祥寺の雑貨店で働く柏...
2007/04/23(Mon) 01:18:06 |  駄犬堂書店 : Weblog
いつかパラソルの下で森絵都病的に潔癖で厳格だった父に嫌気がさして、20歳で家出をした25歳の野々は、アルバイトをして家賃を折半しながら恋人と同棲し、ふわふわと生活しています。そんな父が亡くなり、父と関係があったという女性があらわれ、父について知るべ....
2007/04/22(Sun) 22:10:54 |  本のある生活
いつかパラソルの下で森 絵都25歳の柏原野々。二十歳の時に家を出てアルバイトをしながら彼の家に居候している。まじめで厳しかったお父さんが死ぬ前に浮気をしていた事がわかり、お母さんは生きる気力をなくしている。野々と同じように二十歳のときに家を出ている兄と父
2007/04/22(Sun) 20:57:02 |  ナナメモ
☆☆☆・・児童文学の森絵都さんの一般向けの作品。森絵都さんの児童書はただ無闇に明るいだけではなく、明るさが陰を際立たせるような雰囲気を持つので、それがそのまま一般向けになったとも言える一冊である。
2007/04/22(Sun) 20:55:35 |  +++ こんな一冊 +++
いつかパラソルの下で潔癖で厳格な父が事故で亡くなった。既に二十歳で家から出ていた野々だが、父と同じ会社に勤めていた女性と会ってから生前の父の姿を知る。今まで故郷のことを語らなかった父、なぜここまで厳しかったのか、また会社ではなぜ別の姿があったのか?一周忌
2007/04/22(Sun) 20:32:53 |  みかんのReading Diary♪
表紙写真は横山孝一。亡くなった父親:柏原大海(ひろみ)の一周忌の打ち合わせに集まった3兄妹。長男、長女(主人公:野々)は厳格な父親からリタイア(脱出)したのですが、次女は折り合いをつけて同居していました。死後の浮気の
2007/04/22(Sun) 13:54:35 |  粋な提案
突然、父を不慮の事故で亡くしてしまった柏原野々。生前に関係のあった女性の出現に戸惑う。厳格で過去を語ろうとしなかった、そんな父のルーツを探ろうと、兄弟三人で父の故郷へと旅に出た。兄弟はそれぞれ、幼少時代の躾によるトラウマが人生に大きな影響を与えて...
2007/04/22(Sun) 10:22:46 |  かみさまの贈りもの~読書日記~
 一般的に、高校を卒業して東京の大学に出向く時期に、人はいくらくらいの貯金を持っているものなのであろうか。評者の場合は25年前の話なんだけど、なんと・・・0円であった。小さい頃からお年玉を貯めていたのだが・・・0円であった。中学入学祝とか高校入学祝とか貰った
2007/04/22(Sun) 01:06:22 |  「本のことども」by聖月
家族にも自分に厳格だった父。 あまりにも厳しかったため、成人すると早々に家から出た私と兄。 そんな父が亡くなった直後、父の部下だったという女性から連絡があった。 「私のせいで部長は……」 今の父をまる...
2007/04/21(Sat) 22:44:43 |  booklines.net