好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『白い巨塔』山崎豊子
2005年01月02日 (日) | 編集 |
白い巨塔
山崎 豊子

新潮社
2002-11
売り上げランキング 8,136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

医者も一人の人間だから財前教授の医療ミスも
そこまで裁かれなければならなかったのか?と
思う部分もあったけど、改めて小説読んでみると…
医療技術よりもむしろ、医者の姿勢のありかたについて
考えさせられた作品だったのかなあとも感じた。
医者も一人の人間というならば、
人としての誠意も必要だし、病気を治すだけが
医者の仕事ではないってことを考えて欲しかった…
そういう目線で見た時、やっぱり山崎さんの描く
主人公の共通点みたいなものも感じた。
財前教授も里見先生もきっと志は同じだったはず。
こういう結果になってしまったことに悔しさもあるけど
どちらの生き方もすばらしく輝いていると思いたい。
告知についてはとても難しい問題で
この作品が発表されてから何年もたつ今でも
いろいろな考え方があると思うけど…
個人的にはやっぱり告知はすべきでないと思ってます。
もちろんその人によりけりなんだろうけどね。
私もひとごとではない部分もあったので
いろいろ考えてみる機会ができました。
読み応えのある一冊でした!ツカレタ…(笑)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック