好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『つきのふね』森絵都
2007年02月04日 (日) | 編集 |
つきのふね つきのふね
森 絵都 (1998/06)
講談社
この商品の詳細を見る


自分だけがひとりだと思うなよ!
死ぬことと生きることについて考えてた。
どっちがいいか、どっちがらくか、どっちが正解か。
今までずっとそういうこと、考えてきた気がする。

あたしはちゃんとした高校生になれるのかな。
ちゃんとした大人になれるのかな。
ちゃんと生きていけるのかな。(本書より)

ランキングご協力お願いします♪



つきのふね 読了しました!
カラフル読んだ後、オススメですよ~って教えてもらったので
すごく気になっていた作品でした。

森さんは児童文学の作家さんなんですよね。
図書館で最初なかなか見つからなくて。
児童書のコーナーいったらいくつかありました。
表紙のイラストが何気に少女マンガちっくに思えましたが(^^;

友情、信頼がテーマだったかなあと感じました。
出版されたのっておそらく2000年以前ですよね。
ノストラダムスの大予言・・・そうそう。あの頃はひそかにドキドキしてました。
私も小学校のころから2000年を迎える少し前まで。
けっこう本当におこるのかも?と思ってた時期もありました。
なんでしょう。今となっては数年前のことなのに、
すっかりさっぱり忘れ去られてますよね。(笑)もう死語、というか・・・

そのことは、特別この作品の重要ポイント、まで言わないかもしれませんが、
でも、そういう不安を大人でも抱えたことで時期だったから・・・
こんなふうな気持ちなってしまう人がいたのかなーと思ったりもします。

少女の目線から見ると、心の病ーを理解するのは、
少し難しいのかもしれないけど、でも主人公の彼女たちが
いろいろ考えること、感じること、は、大人も子供も変わらないような気がします。
学生時代、そういえば、あんなこともあったなあ、こんな気持ちにもなったなあって。


そのとき、その瞬間は、いろいろな感情が起こったのでしょうが、
今思い返すと、ある種の懐かしさ、も感じます。
ノストラダムスのそのひとつなのかもしれませんね。

お友達とささいなことで疎遠になってしまい、
気にはなってるけどきっかけがつかめないー。
子供でも大人でもあること、だと思います。
女性同士だけでなく、恋人でも家族でもー。

本当のつきのふね、が何かを感じることができたとき。
心の中が温かくなったような気がします。
目で見えるものよりも、ずっとずっと大切なこと。
わざわざ言葉で表現する必要がないものかもしれないけど、
でも、大切なことを、この作品が気づかせてくれました(#^^#)

次はリズムよみまーす)))))))))))(^^)/
図書館延長したから、ばっちり読むぞ~~~(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
野間児童文芸賞。 子供は勿論だけれど、大人が読んで「良い!」と思える本。 主人公「さくら」は万引きをして捕まるが「智さん」に逃がしてもらう。 親友だったはずの「梨利」とは絶縁中で、「勝田くん」と「智さん」宅に入り浸る。 1999年最後の満月の夜、4人で「つきのふ
2007/04/03(Tue) 13:58:17 |  テンポ。
2000年なんかこない。 未来なんかこなきゃいい。 進路希望調査にそう書きなぐる中学生に共感できるかどうかが本書の評価の分かれ目かもしれません。 恐怖の大王が降りてくるか、あるいは、核の炎に包まれるかして1999年に世界は終わるという呪いの言葉が蔓延していた頃のお
2007/02/08(Thu) 02:31:14 |  月下 燕 の 日記 ~ a swallow under the moonlight
つきのふね 著者:森 絵都販売元:角川書店Amazon.co.jpで詳細を確認する 森さんが書いた
2007/02/06(Tue) 19:53:05 |  31ct.読書部屋