好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『アーモンド入りチョコレートのワルツ』森絵都
2007年01月11日 (木) | 編集 |
アーモンド入りチョコレートのワルツ アーモンド入りチョコレートのワルツ
いせ ひでこ、森 絵都 他 (1996/10)
講談社
この商品の詳細を見る


十三歳・十四歳・十五歳―。季節はふいに終わり、
もう二度とはじまらない。
シューマン「子供の情景」、バッハ「ゴルドベルグ変奏曲」、
サティ「童話音楽の献立表」。
三つのピアノ曲の調べから、きらめくような「あのころ」に
語りかける三つの物語がうまれた…。 (本書より)

ランキングご協力お願いします♪
3つのピアノ曲をテーマにした3つの短編集。
たまたま図書館にあったので、借りて見ました。
なんかおいしそうだったし。チョコレート♪

<子供は眠る>
ロベルト=シューマン 子供の情景より

子供の頃ってこういうイベントがわくわくしちゃいますね。
私はいとこが年はなれてたので、合宿みたいなことはできなくて。
なんだか読んでてあこがれました。

クラシックって子供にとっては本当に眠いもの。
そのよさ、がわからなくて仕方ないものですね。
でも、最後まで聴くことができたら・・・
まるでクリスマスのサンタさんがくるまで起きてるぞ!と
がんばってたころ、思い出しちゃいます。
何にがんばってたのか、戦ってた(笑)のか。
でも子供心に必死になるんでしょうね。
大人になるってことは、嘘が上手になるってことなのかなあ。
もちろんいい嘘だよ。優しい嘘ですよん。

<彼女のアリア>
J=S=バッハ ゴルドベルグ変奏曲より

不眠症ってけっこうつらいですよねえ。
大人になってからはけっこうあるんですけど。眠れない夜。
子供でなったら・・・余計悩みそうですね。
でもそれがきっかけでお友達になれるのってステキな感じがします。
ただ嘘は~。うーん。さっきの作品もそうだったけど、
どこまでの嘘、は許されるのでしょうか?
いっちゃいけない?って言われると絶対いけない!とは
言い切れない、だろうねぇ。でもいいよ、とはいえないよねぇ。
難しいところですね。でもラストはよかったですね。青春・・・かな。


<アーモンド入りチョコレートのワルツ>
エリック=サティ 童話音楽の献立表より

どんなワルツなのか、すごく興味津々になってしまいました。
腹がたつけど、魅力のある外人さんだなぁ。
少なくとも、絹子先生は、目の前にいたらあこがれるだろうなあ。私。
ピアノって音楽ってこういう意味があるんだと思う。
ただ弾く、だけじゃあ、ないんだよって思ったよ。
私は4歳のころからピアノ習ってたけど、あまり好きになれなかった。
習ったことは今でもよかったかなと思うけど・・・
もっと興味のあることを、いろいろしてみたかったなぁって今思います。
学生時代にピアノの授業があったんだけどね。
そのときが・・・たぶん一番がんばってたような気もします。
音楽ってこういうものなんだってね。

本文の中にあったこのメッセージが印象的でした。
『去る者は去る。だけど、きちんと残っている人たちもいる。
それはきっと絹子先生のやりかたが正しいとか、まちがっているかとかの
問題ではなく、好みの問題なのだろう』-本文よりー

この言葉をある人に送りたいな、と思いました。
自分にとってもステキな意味のある言葉として受け止めたい。

3つのピアノ曲、今度探してみたいです。
アーモンド入りチョコレートってどんなかなあ?
今の季節にぴったりのchocoな気がするけど(#^^#)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アーモンド入りチョコレートのワルツ森絵都中学生を主人公とした3つの話が、ピアノの調べに乗せて描かれています。残念だったのは旅先で読んだこと!第1話の「子供は眠る」は、夏休みに旅先で読むのにぴったりだったのですが、無性に「子供の情景」が聴きたくてたまら....
2007/01/15(Mon) 13:20:09 |  本のある生活
クラッシックのピアノ曲を話に折込ながら、多感な時期にある子供達のエピソードを描く短編。夏休みに少年達だけで別荘で過ごす物語、虚言癖がある少女と不眠症の少年の物語、少し変わったピアノ講師と少女の心温まる物語の3編。どの物語をとっても、揺れ動く繊細な子...
2007/01/13(Sat) 19:26:25 |  かみさまの贈りもの~読書日記~