好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『永遠の出口』森 絵都
2006年12月05日 (火) | 編集 |
永遠の出口 永遠の出口
森 絵都 (2003/03)
集英社
この商品の詳細を見る



私は〈永遠〉という響きにめっぽう弱い子供だった――。
友情、秘密、家族、恋…10歳から18歳まで、
揺れ動く少女の思春期。
昭和50~60年代を背景に、
新鋭がリリカルに描く長編。著者初の大人向け物語。

ランキングご協力お願いします♪


今年は恩田さんの本ばかり集中的に読んで、
そろそろ図書館でもうまく
読みたい本に遭遇できなくなったので(笑)
(図書館は人気者の本は
ブームがすぎるまで借りれないからねえ)
いろんなブログさん見てたら森さんの本に興味を感じて
・・・読んでみました。

私にとって、森さん1冊目の読了です~。
ホントはカラフル、を読んでみたかったのですが
図書館になかったのでこれが1冊目。

読み始めて少しジェネレーションギャップ感じました。
時代を感じます。
懐メロという表現が適切かわかんないけど。
子供の頃の懐かしい感覚を思い出させてくれるような。
そんな気分になれました☆

最初は、最近の子供事情かなと思ってたんです。
でも、マッチとかトシちゃんとか。
懐かしい時代ーに流行った
今聞くと懐かしい用語、がたくさん出てきて・・・
なんていうと、自分の世代を
ばらしてるような気もしますが(^^;
ああ、わかる、わかる、こんな感じ。
こんなことに一生懸命になってたあの頃。
懐かしい、とともに、ほろ苦い感覚もまじっていたり。
自分のかつての頃を思い出しちゃったりもしました。

児童文学作家さん、なのですねぇ。
私は学生時代児童教育系専攻だったので、
絵本とか児童書とか、少しだけ勉強したことがありました。
たかが絵本、されど絵本というかー。
すごく奥深いものが絵本の中にはあるんだな☆って
当時思ったこと覚えています。
児童文学の世界って大人向けノンフィクション小説より
書きやすいのかな?と思ったこともあったけど、
児童向け、ほど難しいものもないような気もします。

余談ですが、かつて小学校の教育実習に行ったとき、
ほとほとそのことは実感しましたよ~~~私(*^^*ゞ

主人公の紀ちゃんは、
かなりいろんな経験をして大人への階段
のぼった女の子かなあと印象、受けました。
私はこんな冒険全然できなかったから、
ちょっとうらやましく思えた(#^^#)
お友達とのこと、好きな男の子とのこと、家族のこと、
自分の気持ちと重ねあわしたりしちゃいました。
森さんはその子供心をすごくわかりやすく
表現されてる作家さんですね♪♪♪

近いうちに、ぜひ、カラフル、を探して読んでみたいです。

他にもオススメ、あるかなあ?
ご存知の方がいたら教えてくださいd(^-^)ネ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
@ななさん
コメントありがとうございます(#^^#)
重なる部分があると共感して
懐かしさを覚えますね♪
『つきのふね』今度探してみます~。
またお気に入りあったら教えてくださいね。
2006/12/07(Thu) 17:35 | URL  | ゆうちゃん♪ #BqEwgRj.[ 編集]
TBありがとうございました。

私も自分が子どもの頃過ごしてきた時代とぴったりだったので、この本はすごく思い出深いです。
森さん、「つきのふね」もいいですよ。
児童書はどれもこれも素敵です!
2006/12/05(Tue) 22:49 | URL  | なな #lx48Me5U[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第一回本屋大賞第四位作品。 主人公「紀子」の10歳から18歳まで。 今思えば分かることも、あの頃には分からなかった。 ある日を境に、あの頃にとっては大切な事が大きく変化をする。 どうしてこんなに気持ちが分かるのだろう。 子供の頃にどんな風に感じていたかなんて、
2007/03/02(Fri) 00:14:06 |  テンポ。
永遠の出口森 絵都一人の女の子、紀子の小学校3年生から高校卒業までを、大人になった紀子が回想している。まず、読んでいて驚いたのは紀子の過ごした時代が私と一緒だったこと。サンリオのパティー&ジミー、たのきんトリオ、そして高校生になってからのレノマのバッグ。あ
2006/12/05(Tue) 22:47:03 |  ナナメモ
「永遠」という言葉をキーワードに、ごく普通の家庭に育つ紀子の思春期を鮮やかに描いた物語。恋、失恋、友情、家族、そして反抗期・・・・ストーリーはありきたりではあったが、どの場面をとっても紀子の細やかな心境が痛いほど伝わってくる。感情表現の繊細さ、素晴ら...
2006/12/05(Tue) 19:21:31 |  かみさまの贈りもの~読書日記~
第135回直木賞受賞記念レビュー。
2006/12/05(Tue) 18:56:01 |  TALKING MAN