好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『劫尽童女』恩田陸
2006年12月01日 (金) | 編集 |
気がつけばもう12月ですね♪
この本読了して数えてみたら今年26冊目の読了でした♪♪♪

劫尽童女 劫尽童女
恩田 陸 (2002/04)
光文社
この商品の詳細を見る


この世のものならぬ真実。我々の持ち得ぬ叡智。
―この少女は人間なのか。 (本書より)

ランキングご協力お願いします♪
正直なー感想・・・へ?ここで終わり?
恩田さんのラストには今までもいろいろ感じてきたけど、
今回は・・・かなり・・・凹んだ(^^;
こういう終わり方は、どういう解釈をすればいいのだろう?と。

中盤頃まで読んだとき、何かにかぶってました。
4年ほど前に読んだ吉田秋生さんのコミックスYASHA。
TVドラマ化もされて、私はビデオで見ました。
最初は何気なく見てたのに、最後の方は一気に見なくちゃ
いけないような気分にさせられた作品ーでした。
とにかくラストがどうなるのか予想がつかなくて・・・

双子という設定。遺伝子操作で生まれた子供。
そのことに苦しむ少女。・・・この辺がかぶってるんですけどね。
(ちなみにYASHAは双子の男の子でしたけどね~)
設定としてはすごくおもしろかったんだけど、
(YASHAはすごく泣きました~ドラマも相当はまった私・・・)

こういうたぐいのものは個人的には映像かコミックスの方が
理解しやすいし、納得しやすい気がする。
単に私がSFっぽいのニガテだからかもしれないけど(^^;

とにかく今回の最後は今までで一番消化不良?というよりは、
さっぱりわかんなくなっちゃった☆ってのが
正直な読了直後の感想でした。

おもしろくなかったの?と問われればそんなことはない、です。
中盤かなりドキドキさせられました。
もう終わったと思った彼らの人生ーでも終わってなかった。
ただ、助かってるのが逆に納得いかない・・・
それも今回の消化不良?の要因のひとつなのかもしれません(--;)

読了感もこんな感じなので、今回ばかりは
あまりいい感想が書けそうにないので(笑)
今日はこの辺でやめときますーーー(((((*^o^*)♪

お気に入り度 ☆★★★★ 
(ちなみに中盤頃は☆☆☆★★でした)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック