04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2004-12-15 (Wed)
沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)
山崎 豊子

新潮社
2001-11
売り上げランキング 10,889
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools



新潮社 1995~1998年

国民航空の社員 恩地一の波乱万丈の人生を描く

同期でライバルでもあった行天四郎が

社内でエリートコースを進んでいくの対して

恩地は組合で真実をつらぬいたがために

数奇な運命をたどることになる。


組合の実態、会社の規則、実際の現場が
どのようなものか、実際はわからないけど
主人公の立場で見ると何度も憤りを
感じずにはいられなかった…(><)
正しいことをするとなぜこうなるの?
誰が正しいか一目瞭然なのになぜ?

これが現実の社会なのかなあと思うと
最後の最後まで悔しい気分になった。(T^T)

でもひたすらそれに挑む?恩地さんにもかなり脱帽(^^;
普通なら見きりつけてそうなのにすごいよねー。
大和魂なのか昔ながらの日本人的性質なんだろうか…

3巻で日航機墜落事故の現場がリアルに描かれるが
文章だけなのにそれでさえ目を背けたくなるような
残酷な光景だった。当時のニュースの記憶はあるけど
実際の現状の様子はあまり知らなかっただけに
この事故の部分を読むとあらためてショッキングだった。
遺族の悲しみ、怒りはもっともだったと思う。

起こってしまった事故は最終的には不運な事故と思うしか
ないのかもしれないけど、せめて責任者たちには、
現場を見て認めることは認めるべきではないだろうか?
あくまでこの作品を読んでの個人的感想ですが…(^^;

この作品に出てくる中で唯一心が安らいだのが
恩地さんと恩地さんを信頼してる組合の人々たち。
そして国見会長だったんだろうなあ。
物語の最後の最後までひっくりかえしてくれたけど
恩地さんと国見会長の出会いは決して無駄では
なかったと思いたい。恩地さんがしてきたことも含めて。

最終的に彼はふたたびかの地に行くことになるけど
いつかきっとそれが報いられるときが来ることを
願いたい、信じたい…と切に思いつつ読了しました。

山崎さんの作品初めて読んだけど、長いだけあって
疲れたのと(笑)読み応え十分でした。(*^^*ゞ
最後にひとつだけ報われたこと…ラストの行天さん(笑)



スポンサーサイト
| 作家:ヤ行 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する