好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲
2016年11月22日 (火) | 編集 |
若冲展行ってきました。

生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲

象と鯨図屏風 MIHO MUSEUM蔵

日曜日までに行けば見れたんだけど…
お天気悪くて断念。(>_<)
いつかMIHOミュージアム行ってみたいなあ。



22日夕方に行きました。
平日の午後なので比較的空いてる方かな?
でも若冲人気と紅葉シーズンで
中はかなりの人でした・・・

私が観たかったのは2つだけなので
それだけは並んで間近で見ました。

百犬図 個人蔵
樹花鳥獣図屏風 静岡県立美術館蔵

樹花鳥獣図屏風、入口入って間もなく登場。
もっと大きい屏風を想像していました。

どこかのTVでこの作品はひとつひとつ
色を重ねてないと見かけたので。
近くで見て、納得発見です(#^^#)

以前プライスさんの屏風も見ていたのですが
似ているけど少し違う部分もあるのかなあ???

帰ってから見比べてみると
象さんの頭のしわだったり表情だったり
小動物が少し違っています。
全体の構図はほぼ同じですね。
見比べるのもひとつの楽しみです♪

百犬図、今回一番観たかった作品です。
一応わんちゃんも数えてみました(笑)
30匹はいたかなあ?
手前の子の後ろにちらっと見えてる子もいます。
表情もなかなかかわいい。
ちょっと人間の表情ぽく描いてる風も感じます。

私の中では、左真ん中あたりにいる
お顔が前の子の後ろから半分くらい見える
茶色の子がお気に入りです(#^^#)

これ、グッズにしてほしかったのになあ。
出てから何度も探したのですが
絵葉書すらもなかったんです。残念(T.T)
個人蔵は難しいのかなあ?

後は空いてるところを見つけて
後ろからささーと流れるように進みましたら、
15分ほどで出口まで来てしまいました(笑)
今回展示数少な目だったよう。

人が多いので目立つこともなく
もう一度入口まですすーっと戻り
気になった作品をちらちらと鑑賞。

双鶴図、タイトル見なかったら
もう一羽の鶴を見つけられませんでした。
流れるように見ちゃうといけませんね(^^;

あまり難しいことはわからないのですが
若冲の描く動物たちは1匹というよりは
寄り添っていたら、絡んでいたり
連れ添っていたり、人間で言えば
日常の生活をリアルに感じます・・・

一番欲しいグッズがなかったので
メジャーな選択?
樹花鳥獣図屏風、右側、象さんの
三つ折りファイル買ってみました。
また増えちゃったけど…クリアファイル。
でも、おかげで、樹花鳥獣図屏風
違いをよく観ることができました♪

水墨画が多い、展示数が少ない
一見物足りないような気もしたけど
人が多いのでこのくらいが疲れることもなく
ちょうどいい具合に一枚一枚
じっくり観れるのでは?と思います。

また若冲展、あれば行きたいなあ。
帰りは栗風味の聖護院八つ橋買いました♪

スポンサーサイト