好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
近藤嘉宏 ショパンとベートーヴェンの夕べ
2006年11月23日 (木) | 編集 |
クラシックコンサートに行ったのいつぶりだろう?
すごく久々のような気がします。
子供の頃からショパンの曲は大好きで
だからいろんな方のショパンのピアノリサイタル、行ってました。
有名なピアニスト?の方だったかどうかは覚えていませんが(^^;

近藤嘉宏さんオフィシャルサイト


フェスティバルホール



近藤さんは、とても人気のあるピアニストの方だとか?
今回は朝日新聞チャリティコンサートだったので、
クラシック通のお客さんばかり、ではなかったけれど・・・
若いOLさん風な方もよく見かけました。

曲もCMやTVドラマのBGMに使われてたり、
日本人にもポピュラな曲が多かったです。
ベートーヴェン、月光から始まり、ショパン別れの曲、革命、
幻想即興曲、遺作、小犬のワルツ、英雄。
2部はベートーヴェンの悲愴と熱情でした♪♪♪

曲の前に近藤さんが少しお話くださいました。
ベートーヴェン、ショパンは知り合い?ではないけれど、
生きた時代が少しかぶるそうです。
ショパンの曲を広めていったいきさつや
ベートーヴェンのこと、歴史上の遠い人物に思えますが、
そんなエピソードをちょっと聞いてから名曲を耳にすると、
なんだか親しみを持って聞くことができました。
(親しみなんて図々しいかもしれませんが(笑))

あと近藤さんは晴れ男だそうで。
今日も天気予報は雨、でしたけど、
演奏中はきっと大丈夫ですとのこと。
その代わり終わったところで、
僕の効力は終わりですが・・・とも>晴れ男

近藤さんのピアノは正統派、といったところでしょうか。
とても正確に確実に、学校でいうところの優等生な感じ。
楽譜に書かれてるショパンやベートーヴェンを
そのまま再現したというか。
もちろん私のイメージの上でのショパン、
ベートーヴェン像ですけど。

最後の熱情が一番迫力あったかなあ。
ショパンの英雄も個人的に好きなメロディなのでお気に入りです♪
今日の演目にはなかったけど、今日の演奏聞いていると、
近藤さんが弾く、リストのラ・カンパネラを
ぜひいつか聴いてみたいです。
cdも今度探してみようかなあ☆

アンコール、の曲はわからなかたですが、2回も出てきてくださって
・・・拍手に答えてくださいました。(#^^#)
アンコールの拍手、は私にとっては少し前に聞いた光ちゃんの言葉が
心に残ってて、いい演奏を聞かせていただいたからには、
観客は、拍手でこたえなきゃと。
いつもより?がんばっちゃいましたよ~p(^^)q
まあ、そのおかげかどうかわかりませんけど
・・・すぐ出てきてくださって。

とても素敵なコンサートにめぐり合えたと思いました。
チャリティなので、お値段もとてもお安くて、
たぶんそれで気軽に来られたお客さんも
多くいらしたような気はするのですが・・・
だから?かどうか?わかりませんが、
もう少しマナーってないのかなあと感じたことがありました。

せっかくすばらしい演奏してくださってるのに、
お金を払ってるからいいでしょ?という気持ちがあるのかどうか?
アンコールの拍手をしてる方がたくさんいる反面、
急いでるから?にしてはそうも思えない人たちのさっさと帰る様子。
近藤さんが挨拶してる最中に・・・は
あんまりじゃあ、ないのでしょうか?
演奏を聞かせていただいた感謝の気持ち、がお客さんにあっても
いいのではないでしょうか?
お金を払ったから別にいいでしょ?じゃなくてね。
チャリティだからコンサートに行く機会の少ない方も
いらしたかもしれないけど・・・

たぶん、違うと思います。
コンサートに行ったことがないからの問題ではなくて。
一般常識内のマナーではないのでしょうか?・・・と思いました。
まさか帰ってる人がみんな、
日帰り遠征してる方ではないでしょうに。(笑)
タレントさんのコンサートと違いますからねえ。
クラシックのコンサートでチャリティなんだから
・・・ほとんどいないと思いますよ。>日帰り遠征

こういう感想って書くべきじゃないのかもしれないけど、
あまりにも残念な光景を目にしてしまって、
今日はつい言ってしまいました。

20:15頃に終わりました。
外へ出ると・・・やっぱり雨がしっかり降ってました~~~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック