好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
デトロイト美術館展(大阪市立美術館)
2016年07月30日 (土) | 編集 |
デトロイト美術館展(大阪市立美術館)

デトロイト美術館展オフィシャルサイト

好きな画家さんの絵が勢ぞろい、ということで
真夏の熱中症注意報が出ている中、行ってきました。
駅から少し歩いてる時はあまりにも暑くて
もう少し涼しくなってからにした方がよかったなとも。
でも美術館はとても涼しくて快適でした♪



土曜日だったので、写メは×でしたが・・・
モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソ…
素人目線の私でも知っているお名前がずらりと。
なかなかお得な企画展だと思います。

注目はゴッホの自画像のようですが・・・
私はゴッホのもう一枚の方が色味が好きでした。
ひろしま美術館のドービニーの庭を思い出すような色彩で。
自画像を見ていると、色つながりからか、
私はひまわりを連想してしまいました。
ゴッホの描く黄色、緑が個人的にお気に入りなのかも・・・

デトロイト美術館は一時期存続の危機もあったようですが
たくさんの名画を所蔵されているようです。

マティスの「窓」も色味が好きです。
今日が暑かったからか、緑の色味を選んでしまうのかしら?

モネのグラジオラスは、モネの作品の中では地味な感じがします。
印象派と言われる前に描かれた作品だとか?

ドガの踊り子は、解説のところに、浮世絵の構図を彷彿とさせるー
描かれていましたが、素人にとってはそこに浮世絵の紹介もあれば
わかりやすかったかなあと思いました。

同じく、画家の生没年も各作品の名前のところに
入っていたら、いろいろ想像も膨らむのになあとも。
何歳頃に描いた作品かな?と思いながら観ていたので・・・
そこのところがちょっと残念でした。

残念といえば、私がいつも楽しみにしていくグッズ。
今回は全体的に残念に感じます。
実際の絵に比べて、かなり発色が悪くなってる。
実際より濃くて、暗めの色味になっていました。
大体私はチケットファイル買うんですけど、
あまりにも暗い感じで買う気持ちになれませんでした。

とはいえ、ポストカードはたまっていくとまた困るので
悩んだ末に、マスキングテープ。
ちょっとニガテな絵も入ってるので迷いましたけど。
絵が小さいので色味を気にせずどこかに使えるかなあと。
最近はグッズ選びに思考もちょっと変わってきました。
もう少し涼しくなったら次は京都のダリ展行こうと思ってます。
スポンサーサイト