03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-04-30 (Sat)


娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。
娘がプールで溺れた―。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。
過酷な運命に苦悩する母親。
その愛と狂気は成就するのか―。 (Amazonより)



人魚の眠る家

書評が良かったので図書館で予約。
約半年待ちました♪

東野さんの小説は大体好きで。
私の好きなタイプのミステリーが多いから。

今回もミステリーだと思っていました…
プロローグを読んだ時もそう思っていました…
脳死の話が出てきたときもまだそう思っていました…

1/3くらい読んで、いつもの東野さんと
なんだかスタイルが違う、そう感じました…

それから夢中で読み進みー。
私はとても読むのが遅いのですが
今回は3日で一気に読んでしまいました。

脳死についての知識は私自身あまりなかったのでー。
いろいろ教えさせられることの多い、作品でした。
そして考えさせられることの多かった…

脳死と植物状態…
今まで違いが漠然としかわからなったことが
これを読んだらなんとなく納得できました。

このストーリーに書かれていることは
実際にあったらどうだろう?と読んでいる間
ずっと考えてしまいました。

答えは見つかりません…
ただ登場人物皆のそれぞれの行動、気持ち
誰も理解できました。
誰か間違っている、とは思えなかった。
そして、とても切ない…と感じました。

生と死について、見つめる機会になったと思います。

ストーリーについて感じたこと。
とっても読み応えのある東野さんの作品でも
特に好きな1冊にあげられる作品でしたが
欲を言えば、エピローグは要らなかったなあと、思いました。
答えのひとつ、ではあったんだと思うけど…なくてもいいかな。と。

プロローグを読んだとき、結末はもちろん気になりました。
ちょっとミステリアスな、サスペンスを期待してたこともあったから。
でもこの作品のテーマは脳死だと思うので。
そういう観点からのエンディングとしてはー。
私が期待してたものとちょっと違いました。残念。

個人的にはハリマテクスの社長さま像が
なんだかとても素敵な存在に思えました。

今後の東野さんのスタイルはまた変わっていくのでしょうか?
読むのがとても楽しみです。
スポンサーサイト
| 東野圭吾 | COM(-) | TB(-) |