好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
住友コレクション 泉屋博古館
2015年04月18日 (土) | 編集 |
住友コレクション 泉屋博古館

リーフレットで惹かれて
初めて行ってみました。

お天気よかったので
京都の木漏れ日のすきまから
新緑のもみじ、爽やかな季節です・・・

京阪から歩けるかと思ったけど
平安神宮から距離あったかなー。
バスで行って正解でした。

京都の中心地は人多いのに
ここは人の気配もまばら。
こじんまりした美術館でした。


クロード・モネ 「モンソー公園」

一番好きだなあと思った作品です。
リーフレットほどの明るさが実際の絵画には
なかったのだけど・・・(^^;)
色合い、タッチ、風景は私の好きな感じ。

展示作品が40強で
お値段相当ですが、ちょっと物足りなかったかなー。
まさかフロアひとつと思わなかったので。

よく耳にする画家の方の作品が1/3くらい。
お名前、素人知識の私には聞いたことなかったけど
影響を与えた人がよく聞く画家だったり。
独自の世界観を作り上げるなかで
いろんな人の影響をそれぞれが受けてるんだなあと
しみじみ感じた企画展でした。

個人的にはもう少し作品数ある企画展の方が
楽しいかなー。お値段高くなっても(笑)

京都を観光するにはとてもいい場所にあります♪
人が少ないのでゆっくりまったり鑑賞、のんびりするには
一度行ってみるのもいいかなーって思いました。

クロード・モネ  「サン・シメオン農場の道」
ジャン=ポール・ローランス 「年代記」
ジャン=ポール・ローランス 「マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち」
マルク・シャガール  「黄色い太陽と旅人たち」
ジャン=フランソワ・ミレー 「古い垣根」
ジャン=ジャック・エンネル 「赤いマントの女」
ポール・シニャック  「パッシィ」
アンドレ・ボーシャン  「野花」
アマン=ジャン 「裸婦」
スポンサーサイト