06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-10-28 (Sat)





京都国立近代美術館


若冲と絵画展 ブログ


プライスコレクション、若冲と江戸絵画展

ポスターの絵に魅せられていってきました。
京都の美術館はいつぶりかなあ。久々です!
なぜかよーじやまで行っちゃってます。私(笑)

びっくりしたのは展示作品数。
入ったところで配られた作品解説に載ってる数が
約100強~。すごーい(^^)//゛゛゛

少し前にTVの日曜美術館?でしたっけ?
見たところなのでその絵ももちろんありました。
家族から話も聞いてたのでああ、これが~って感じです♪

まだ若冲の作品が日本人の目にとまらないころ、
プライス氏がいち早く見つけ出し、収集されていたのですね。
江戸のころというと最近TVのCMでもよく見かける
北斎の日本画を連想しますが、とても繊細で細かい描写が
多く見受けられました。若冲の鶏の毛がリアルで感動~~~!!!

虎の表情、目はなんであんなに奇妙なのでしょうか?(笑)
私の近くにいた人が会話してるの聞こえてきたのですが・・・
虎を見たことなかったんじゃない?って。そうなのでしょうか~(謎)

『鳥獣花木図屏風』パネルに描かれてるのですが、
離れてみて、近くに寄ってみいってしまいました。
TVでも見ていましたが、とても楽しそうな動物たちの様子を感じます。
動物の動き、表情がユーモラスな雰囲気です。
あと青の色が鮮やかで・・・この時代って青の色の出し方特徴ありますよね?

磯田湖龍齋の雪中美人図
頭にかぶってる絹薄の衣装といえばいいのでしょうか?
その透明感の描写がすごかったです。
・・・と近くで解説されてるボランティア?の方の話が聞こえてきました。
いわれて見ると、なるほど~と。単純な私です(笑)

結局1時間以上いたような気もします(^^;
ホントつかれた~。ブーツでいったもんだから・・・
美術館はローファーに限りますね。見るの時間かかるやつだし。
スポンサーサイト
| Museum | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する