好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
『黒と茶の幻想』恩田陸
2006年10月26日 (木) | 編集 |
黒と茶の幻想 (上) 黒と茶の幻想 (上)
恩田 陸 (2006/04/14)
講談社
この商品の詳細を見る


黒と茶の幻想 (下) 黒と茶の幻想 (下)
恩田 陸 (2006/04/14)
講談社
この商品の詳細を見る


ランキングご協力お願いします♪


太古の森をいだく島へ
―学生時代の同窓生だった男女四人は、
俗世と隔絶された目的地を目指す。
過去を取り戻す旅は、
ある夜を境に消息を絶った共通の知人、
梶原憂理を浮かび上がらせる。
あまりにも美しかった女の影は、
十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。
「美しい謎」に満ちた切ない物語。

雨の音を聞きながら、
静かな森の中を進んでいく大学時代の同窓生たち。
元恋人も含む四人の関係は、
何気ない会話にも微妙な陰翳をにじませる。
一人芝居を披露したあと永遠に姿を消した憂理は・・・。
全員を巻き込んだ一夜の真相とは?
太古の杉に伝説の桜の木。巨樹の森で展開する渾身の最高長編。
(本書より)

ネタバレあります♪ご注意を(((((*^o^*)♪

単行本でも分厚そうだったけど文庫本2冊・・・
とにかく長かったです♪長編ですね!

4人の高校時代の友人、恋人、
現代はそれぞれ家庭を持った30代後半の男女4人の物語。
それぞれを主人公にした1章×4編で構成されていました。
ちなみに4人はそれぞれ恋愛対象だったり、
実際に付き合ってた2人もいますが、
現代は彼らは赤の他人になってます・・・。
(それぞれ別の人と家庭を持ったってことですね)

利枝子、彰彦、蒔生、節子の順で章によって視点が変わるのですが、
最初が利枝子だったので、梶原憂理の謎がまず出てきましたが・・・
それは蒔生の視点で描かれたとき、やっと解決しました。
でも実際は解決・・・にはなってないのかな(^^;
蒔生自身も憂理の結末はわからないようですしね。
それがどっちでも今更どうでもいいのかもしれません(笑)
ただ利枝子と蒔生とは永遠に平行線なのかなあと思いました。
似たもの同士って言葉がその象徴のようです。
交わることはおそらく永遠にない、
でも互いの存在を忘れることもないー。
実際この作品の中で、彼ら2人のそれぞれの今の生活って
あまり描かれていませんよね。それぞれの家庭のこととか。
蒔生は離婚したから少しは登場してはいますが・・・
その辺からも2人にとっては二人の存在が大きいのかなあと
感じました。同時に憂理も原因のひとつなのでしょうが。

彰彦のお姉さんの存在は重いような軽いような。
本当のところはかなりディープな部分なのでしょうが、
彰彦のキャラクターか存在からか、
それなりに・・・成立されてる気がしました。
(特に彰彦と蒔生の関係とか)

節子もかなり重い環境の中で生きているのに、
それをこの島にいる間には、おくびにも見せないところは、
大人のような気がしました。こんなものなのかなあとも。

タイトルが象徴的な感じがします。気に入ってます♪♪♪
もし黒、だけだったらーパンドラの箱的な予感がするのですが、
(・・・実際ディープな登場人物が多いですから)
茶、が加わったことで重い部分の中に懐かしさ、優しさ、切なさで
ホッとさせてくれる部分が出たように思います。
私が茶=セピア色を連想したからなのですが・・・(*^^*ゞ

これから先もきっと永遠に言葉にすることはないかもしれないけどー。
時にはほんの少し立ち止まって、過去を振り返り、
昔の自分を思い出してみるのも、いいかもしれない。
次回は蒔生51歳の誕生日に決行でしたっけ?
それまで彼らは思い返すこともないのかなあ。
思い出すとつらいことも多いかもしれないけど・・・
でも素敵な旅を終えたような気分になりました。

お気に入り度 ★★★★★

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
@鳩居堂さん
バタバタしててレスが遅くなってごめんなさい。
読み始めたときはそう思わなかったのですが、
読了後改めてうまくタイトルがついてるなあと感じました。
黒と茶という表現が・・・です(^-^;
2006/12/31(Sun) 10:08 | URL  | ゆうちゃん♪ #BqEwgRj.[ 編集]
「黒」と「茶」のリアリティ
「まろ茶らいふ」サン、トラックバックさせて頂きました。
鳩居堂としては、このタイトルの「茶」の部分をどう理解しようかと考えていましたが、黒に茶が入ることで、「疑念」という黒の部分が「思い出」というセピア色・茶色になったというわけですね。
でも、そこには、実と虚が混じり合っていて「幻想」となっているというわけでしょうか・・・
個人的には、節子のリアリティさのお陰で、この本自体にもリアリティさが持てたような印象を持ちました。
2006/12/16(Sat) 10:43 | URL  | 鳩居堂 #0XR1QlLU[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大学時代の同窓生である中年男女4人が、世界遺産として名高いY島へと旅に出た。「美しい謎」と銘打って、昔起こった不可解な謎や、秘密を打ち明けながら島を散策し、それぞれの心の内を語っていく。『三月は深き紅の淵を』で語られていた幻の本「三月は深き紅の淵を」の...
2006/12/25(Mon) 09:34:33 |  かみさまの贈りもの~読書日記~
読み終わった順に感想を書こうとしていましたが、どーも「黒と茶の幻想」への思いが強く引きずりそうなので、先に...
2006/12/16(Sat) 10:32:59 |  ●「鳩居堂」 (きゅうきょどう)
600ページ以上の分厚い本だったのでちょっとしり込みしそうになりましたが、(笑)どんどん読み進めることが出来ました。4章からなっていて4人の登場人物の視点で物語がどんどん進められていきます。大学時代の友
2006/12/14(Thu) 20:09:28 |  のんびり前進じたばた生活
 太古の森をいだく島へ―学生時代の同窓生だった男女4人は、俗世と隔絶された目的地を目指す。 過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理を浮かび上がらせる。 あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれてい
2006/10/27(Fri) 18:59:58 |  Crescent Moon
前にちらっと気になっていたんですが、ようやく読むまでに至りました。書評見て厚いのは覚悟してたんですが、まさか600ページを超えるとは思ってませんでした(笑)『かつての学生時代の同級生、利枝子、彰彦、蒔生、節子の4人でY島へ旅をする事になった。旅の...
2006/10/27(Fri) 16:50:23 |  BOOKCASE
黒と茶の幻想恩田 陸学生時代の友人だった、利枝子、彰彦、蒔生、節子。大学を卒業して十数年、友人の送別会で懐かしい店に集まり、色々話をするうちY島へ旅をする事になった。旅のテーマは「美しい謎」ずっと読みたいって思ってた本、やっと読めました。Y島(屋久島)の神
2006/10/26(Thu) 21:45:29 |  ナナメモ
黒と茶の幻想恩田陸「美しい謎」と「過去を取り戻す旅」をテーマとする、大学時代の同級生の30代後半の男性2人女性2人のY島への旅。そこでは彼らは森を歩き、登山をし、J杉を見るというだけで、とりたてて事件がおこるわけではありません。ひたすら彼らは歩き、....
2006/10/26(Thu) 21:22:58 |  本のある生活
タイトル:黒と茶の幻想 著者  :恩田陸出版社 :講談社文庫読書期間:2006/06/23 - 2006/06/30お勧め度:★★★★上巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]下巻 → [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]太古の森をいだく島へ―学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と
2006/10/26(Thu) 18:55:48 |  AOCHAN-Blog
黒と茶の幻想恩田 陸 講談社 2001-12学生時代の同級生だった利枝子、彰彦、蒔生、節子。友人の送別会をきっかけに集まった四人は、卒業から十数年を経て、Y島への旅を企画しますが…。『三月は深き紅の淵を』の第一章「待っている人々」の中で語られた「三月は暗き紅の淵を
2006/10/26(Thu) 18:13:48 |  + ChiekoaLibrary +