好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
映画『RUSH』
2014年02月11日 (火) | 編集 |
結局吹き替え版3回観に行ってしまいました。
やっぱり吹き替え目当てだったので(笑)
よっぽど目をつぶって声だけ集中しようと思ったんだけど・・・

ストーリーに引き込まれて
声半分、映像半分で満喫してしまいました。


私はF1興味ないのですが
やっぱり光ちゃんがF1好きだから
その関係の雑誌とかエッセイとか
ちらちら目にしたことはあって。
F1用語?ぽいのは
ああ、聞いたことある、あるって思ったり。

F1のこと知らなくても
楽しめる映画でした。

正確に言うと
楽しめる、よりは
感動する映画です。

私は涙まだ出なかったけど
じーんと来るところはありました。

あと、コンサートのMCで
アテレコの話ちらっと聞いてたので
剛くんの待って~は
アテレコしてる風景の剛くん想像して
ちょっと笑ってしまいました。
といっても私はコンサートのMC忘れてて
後で教えてもらってそういえばって
思い出したのですが・・・

光ちゃんは、声優3回目ということもあって
なんとなく自然になじんで聞こえました。
気が付くと私、光ちゃんの声の
クリム、ヘムズワースさんに若干ときめいてます(笑)

1回目みた時は、自分の体調も少しあったのですが
ニキ・ラウダの手術シーンはさすがに目をそむけてしまい。
その後の治療もかなり息苦しかったです・・・

1回目見たときのハントは、前半なかなか
性格的に私なじめず(^^;)
でも後半ニキの事故後あたりから
ハントの気持ちが痛いほど伝わってきて。
なんだか少年みたいに思えてかわいく感じました。

2人の友情物語を描いてる作品ですが
映画の前半では友情をほとんど感じなかった私。
でも2回、3回と見るたびに
クライマックスのニキのナレーションあたりの言葉と
パンフに書かれてたそれぞれのコメント読んでたら
2人の良きライバルにジーンと胸がうたれました。

ニキのただ、さみしいという言葉が。
切ない気持ちにさせられます。

余談ですが、ハントの「あきらめろって言うのか」って
光ちゃんのセリフが、私の中ではSHOCKを連想してしまい。
お気に入りシーンのひとつです。

剛くんの声は、個人的には好きなのですが
ニキの俳優さんのお顔を見ながら聞いてると
どことなくキーが高く感じてしまいました。

字幕でもいつか見てみたい。
F1もちょっと興味出てきました。
それにしてもニキ・ラウダって人はすごい!の一言。
1か月半で復帰できるって。
F1ドライバーって常人ではないなあとつくづく。

そういえば映画前半見ていてふと思ったのが
光ちゃんはお顔のイメージはハントなんだけど。
性格はどことなくニキ・ラウダに通じるものが・・・
どうでしょう?

あと、やっぱり二人のかけあいは
私の中では若葉のころを懐かしく思い出してしまい・・・
ファン目線ですねo(^o^)o
スポンサーサイト