04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-09-29 (Fri)
聖徳太子―日と影の王子 (1) 聖徳太子―日と影の王子 (1)
黒岩 重吾 (1990/04)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


聖徳太子―日と影の王子 (2) 聖徳太子―日と影の王子 (2)
黒岩 重吾 (1990/04)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


聖徳太子―日と影の王子〈3〉 聖徳太子―日と影の王子〈3〉
黒岩 重吾 (1990/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


聖徳太子―日と影の王子〈4〉 聖徳太子―日と影の王子〈4〉
黒岩 重吾 (1990/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ランキングご協力お願いします♪

性に憧れ、政争を忌みながらも、着々と理想国家建設に励む聖徳太子。
その赤裸の実像を豊かな知識と雄渾なスケールで描いた話題作
推古女帝の皇太子となった廐戸皇子は、
実力者蘇我馬子大臣に圧迫されながらも
着々と新しい倭国を築いていった。大河小説完結篇!(本書より)



4巻読了に結局1ヶ月かかってしまいました(^^;
黒岩さんの作品は5冊目でしょうか・・・
『天の川の太陽』『天翔る白日』『斑鳩王の慟哭』
『自伝中大兄皇子』←は途中で挫折(^^;)・・・に続いて。
元々この作品をずっと読んでみたかったのですが
地元の図書館になく、そのときに見つけた2冊を
先に読んでしまいました・・・といってもかなり前の話。

聖徳太子が14歳の頃から30代までをメインとして
描かれています。晩年はあっさり1ページで終わってました。
遣隋使、推古女帝政権など、歴史の中でも有名なできごとは
あまり細かくかかれていなかったように思います。
どちらかというと人間ー聖徳太子の生き様が中心。

当時全盛期だった蘇我氏を前に、表面的には堂々と見せたものの
一方では己を守り、一族を守ろうと必死に生きてきた人生。
その部分について深く理解できる作品だったと思います。

何年か前に山岸涼子さんのコミックスで聖徳太子を読んだとき
とても不思議な気分になってしまったので、
ぜひとも黒岩さんのこの本をずっと読みたいと探していました。
山岸さんの聖徳太子はとても神がかり的な存在でしたので。
それに比べると黒岩さんの太子像は人間味あふれています。
天才的だった人物であることはおおよそ想像できそうですね。

山岸さんのキャラクターイメージが強かったので
正直、今回読んでかなりギャップを感じました(^^;
菩岐々美郎なんてどういう人かと想像してたくらいです。
結局のところ今も昔も人と人とのかかわりは同じですね♪

読み応え度 ★★★☆☆ かな?

私的には黒岩さんの読んだ5作品の中では・・・
やっぱり『天翔る白日』が一番お気に入りです!

スポンサーサイト
| 作家:カ行 | COM(0) | | TB(1) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
黒岩重吾について
黒岩重吾黒岩 重吾(くろいわ じゅうご、1924年2月25日 - 2003年3月7日)は日本の作家、小説家。大阪市生まれ。同志社大学法学部卒。大学在学中に学徒出陣したことが創作の原点になる。1953年より小児麻痺を発病。以後三年間入院生活を送る。証券会社勤務、新聞記者、キャバ …
2007/02/07 07:39  ミステリー館へようこそ