好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
七つの会議
2013年12月21日 (土) | 編集 |
七つの会議七つの会議
(2012/11/02)
池井戸 潤

商品詳細を見る


トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、
歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?
パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。
急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、
原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を
舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。
筋書きのない会議がいま、始まる―。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。


七つの会議 池井戸潤

TVドラマは観てなかったのだけど。
タイトルに興味を覚えて予約しました。
思ったほど順番待たされなかったけど。
やっぱり予約本。そして年末番が回ってきたので
あわててざっと流し読みしました。

半沢さんより私は読みやすくて。
内容もなかなかおもしろかったです。
途中くらいから半沢さんもちょっとかぶってきましたが・・・
なので展開予想してしまったかなあ。
全部当たったとはいえませんが。
でもこういうストーリー好きです。
今の時代にタイムリー。
なんか元気になれるから。

7つの会議ってタイトルのつけかたが
個人的には一番ヒットでした。
読むと納得できました。

現実はこんなにうまくいく世の中かわかりませんが
ちょっとした考えやちっちゃな行動のひとつが
誰かに気づいてもらえたり、
少しずつ変わっていける(もちろん良い方に)ことも
あるのかなと気づかされました。

明日から自分も何かできるかな。
何かしてみよう!と自分が思える一冊です。
また池井戸さんの本読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト