好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
映画「風立ちぬ」
2013年08月14日 (水) | 編集 |
風立ちぬ

ジブリ作品はやっぱり見たくなってしまう。
久しぶりに行ってきました。
お盆休みなのか映画館はすごく混んでて
風立ちぬも席が少し混んでますと言われたけど。
中に入ってみたらそうでもなかった・・・


TVの特集みたり、CMの予告をみていると
なんとなくストーリーはわかっていたので
予想通りの展開だったかなあとは思います。
でもやっぱり感動はしました。
泣くことはなかったんだけど・・・

宮崎さんが初めて自分の手がけた作品で泣いたと
言ってたけど、それはストーリーではなくて
仕事にかけるロマンというか、達成感みたいな
涙だったんじゃないかなあ。

技術者さんとか仕事にかける男性の思いとか
そういうところの感動はすごくあったと思います。

ここ最近物議をかましてる頻繁に出てくる喫煙シーン。
そんなに?って思ってみてみたら・・・かなりでてた(笑)
え、そんなにタバコ吸うの?みたいな。
ことあるシーンでたばこ、たばこ、たばこ。

最近は喫煙する人がちっちゃくなってる世の中だから
喫煙シーンをこんなに見たのも久しぶりな気分。

そういわれれば、未成年の喫煙ともとれるけど・・・
大学生の間に成人になるんだから未成年とは
限らないのでは?とも私は思ってみたのですが。

そんなに論争とか言うほどのことでもないとは思いつつ。
というか、戦時中もとい少し前まで、日本では
灰皿どーぞの時代があったんだから、
この時代の光景としては、納得もいきます・・・
そういう時代だったんだよと思ってみればいいのでは?
まあ、もうひとつの話題になってるあのシーンでは
さすがに、ちょっと、抵抗あったかな・・・しないよね?

生きねばのキャッチコピー。
とても胸にせまってくる描き方でした。
やっぱりジブリアニメは好きです!
今の時代に投げかけるメッセージが好き。

いってよかった~。

スポンサーサイト