04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-10-29 (Mon)
気分上々気分上々
(2012/03/01)
森 絵都

商品詳細を見る



気分上々

ネットの口コミ見て予約して約3か月かな。
やっと図書館で順番廻ってきました。

森さんの短編集読んだのは初めて。
童話作家さんならではのタッチはありつつも
大人の話でした♪
でも主人公は学生さんだったりもするんだけど・・・

感じ方、考え方は、大人でも難しい
考えさせられるエッセンスがいっぱい。

短編なのに、長編よりも自分の中で
読んでて気分がテンションあがったりする魅力。

○ウェルカムの小部屋
たかがトイレの便座、されどトイレの便座。
普段気を留めないことをこんな風に言われたら
つい自分の生活の中でも確かめてみたくなる・・・かも?

○彼女の彼の特別な日
  彼の彼女の特別な日
ラストが心がぽかぽかするような感じ。
あっと驚くラストではないのだけど・・・
別れは素敵な出会いの始まりなのかもしれません♪

○17レボリューション
高校生のお話なんだけどとても魅力的。
親友の偉大さを感じた。
宣言する主人公も親友もみんな輝いてていいね。
青春だなーって思うと同時に・・・
大人になってもこういう気分を味わいたい。

○本物の恋
ラストが圧巻でした。
半ばから彼が気になって気になって仕方なかった・・・
そんな出会いしてみたいね。

○東の果つるところ
このタイトルがどこから来るのか
どこへ行くのか、なんとなくわかったような
わからなかったような・・・
最初、深刻なお話かと思ったのに・・・
実際あったら深刻な話だと思うんだけど・・・
なぜか軽快なリズムで暗い気分にならない。
左右対称が何のことか、
しばらく家系図にらめっこしてしまったよ。
結局親に帰るものなのかなあ?

○本が失われた日、の翌日
タイトル通りの内容。短すぎてビックリ!
何かを予感させるような魅力。
でも、何かが知りたいのにわからないから
ちょっと消化不良(笑)

○ブレノワール
流れよみしちゃったけど・・・
東の~と同じく故郷は忘れられない?
親の存在はやっぱり偉大だー。大切だね♪

○ヨハネスブルグのマフィア
タイトルを気にしつつ読んじゃったせいかな。
彼はマフィアだったの?と思い込んでたけど・・・
実際はどうだったのかなあ?
流れよみしちゃったから(^^;

○気分上々
とにかく明日返却期限だから(笑)
これも読み流し・・・軽快なタッチだから読みやすくて。
それが気分上々なのね♪

全体的に読みやすいタッチだったから。
もっとじっくりゆっくり読みこんだら
違う感想になった作品もあったのかも!?

いまだにラストがどうなるのか知りたくて
仕方ないのが東の果つるところ。

特に好きだったのは17レボリューションかな。

森さん、もっと短編集読んでみたいです。
スポンサーサイト
| 森絵都 | COM(-) | TB(-) |