04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2006-08-10 (Thu)
ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る


ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る


ダ・ヴィンチ・コード(下) ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ

ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。
死体はグランド・ギャラリーに、
ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を
模した形で横たわっていた。

殺害当夜、館長と会う約束をしていた
ハーヴァード大学教授ラングドンは、
警察より捜査協力を求められる。

現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、
一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに
気付く……。(本書より)

▼かなりネタバレ警報中です♪♪♪(笑)

やーーっとやーーーっと読みました!
読み始めるとわりと一気に読めちゃいました(*^^*ゞ
映画はまだ見てないのですがなかなかおもしろかったです!
ハリウッド映画でいうと、インディージョーンズシリーズを
少し思い出したのは私だけだったのでしょうか?

日本人にはキリスト教の話、聖杯伝説など
あまり馴染みのないところがテーマゆえに
理解するのが難しかったような気もします。
聖杯伝説ってアーサー王伝説のあたりの話?なんですよね?
興味はあるのですが小説で引用的な表現をみただけで
実際の元の話はよく知りません(^^;

ダ・ヴィンチの絵画を使用したということで、
私も好きな作品ばかりだったので、興味深かったです。
ただ最後の晩餐は現物をまだみたことがなかったので、
今回読了して、とても見たくなってます・・・遠いよ~♪♪♪

以下ストーリーにかなりかかわる部分かもしれませんが・・・
↓なのでカラーかえておきますね♪ d(⌒o⌒)b♪↓

ラストの解釈が私なりにいくつか考えてみましたが、
結局のところよくわからないまま、でした。
ラングドンは、聖杯の答を見つけたみたいだったけど
私にとっては難しい~それはキリスト教のことを
まだよく知らないから、ゆえなのでしょうか?

何度か読み返してみて私の中では聖杯とは・・・
モナ・リザそのものかなとも思いました。
本当のところはわかりません。
でも、ローズラインがルーブルにもいえる場所があって
その位置あたりで思い当たるのが最初に出てきた
暗号のひとつでもある、モナ・リザの絵画だったので。

でももしかすると、聖杯はそれぞれの考えによって、
人によって違うのかもしれませんね。
いろいろと考えてみるのも楽しかったです。

ソフィーの家族の話の結末は・・・
かなりびっくりしてしまったけど。
いえ。家族のことではなくて本当の正体というか
ネタバレしまくっていいのかわかりませんが(^^;
この展開が少しだけ私の中では-評価だったかも(笑)


全体的にはお気に入り度 ★★★★★ です♪♪♪
映画見にいきたかったけどほとんどの映画館で・・・おわってる?!
シリーズも読んでみようかなあ。
物知り(すぎるような気も?)ラングドンの話はたのもしかったです。
スポンサーサイト
| 作家:タ行 | COM(0) | | TB(7) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
『ダ・ヴィンチ・コード』ダン・ブラウン 越前 敏弥(訳)/角川書店
ふとしたことから、同僚が貸してくれることとなり、図書館待ちをしなくて済みました。ありがとう!さて、私が借りたのは文庫版なんですが。「なんで上中下なの?」とか「文字が …
2006/11/08 13:44  午睡図書室
ダ・ヴィンチ・コード(上・中・下) ダン・ブラウン
ルーブル美術館の館長が何者かに殺害され、そこには不可解なダイイングメッセージが遺されていた。容疑者の疑いをかけられたハーバード大学教授・ロバート・ラングドンと暗号解読者・ソフィー・ヌヴーが、警察の捜査網を潜り抜けながら隠された謎に迫る。きらびやかな... …
2006/08/11 08:41  かみさまの贈りもの~読書日記~
感想/ダ・ヴィンチ・コード(単行本)
言わずと知れた大ベストセラー。映画化されるって話を聞いたら、急に読みたくなって、古本屋を回ってたら会社の後輩が所有してました。拝借して読破!メチャメチャメチャ面白かった!!! 最初は、久しぶりの洋物で、カタカナ名前とやけに権威ある登場人物の肩書きに及び腰だ …
2006/08/11 00:28  APRIL FOOLS
『ダ・ヴィンチ・コード』 ダン・ブラウン
ようやっと話題作を読了。「読みたい!」と思ってからほぼ一年、その間にあっという間に世間を席巻する一大ムーブメントになってしまったのには驚いた。というのもキリスト教の消された伝承や聖杯の謎など、個人的には多いに興味をそそられる題材ではあるものの、こういった …
2006/08/10 22:41  【徒然なるままに・・・】
読書:ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)
ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)映画は2006年5月20日公開。キャストは、トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/ジャン・レノ/イアン・マッケラン/ポール・ベタニー/アルフレッド・モリーナ ということで公開前に読まねば!と思ってました。が図書館では300人 …
2006/08/10 15:30  駒吉の日記
「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン / 訳 越前敏弥
この本のおかげで、私の生活時間が乱されました。 元々乱れているけれど、さらに。 世界中でベストセラーになるのも納得かな。 この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、全て事実に基づいている。と、あるだけにこの話の中には上記のものが沢山出 …
2006/08/10 15:05  テンポ。
「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウン
【モナ・リザが微笑みかけてくる・・・】~ルーヴル美術館長が殺害された!その夜、館長と会う約束をしていたハーバード大学の教授は警察から捜査協力を求められることとなる。不思議なことにその死体は、ダ・ヴィンチの最も有名な素描を模した形で横たわっていた…~... …
2006/08/10 13:44  雑板屋