好きなこと☆好きなだけ☆好きなままに…
蜜蜂と遠雷(恩田 陸 )
2017年03月30日 (木) | 編集 |


俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、
そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
「ここを制した者は
世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」

ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は
音楽界の事件となっていた。

養蜂家の父とともに各地を転々とし
自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。

かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇し
CDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、
長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。

音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンで
コンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。

完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される
名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。

彼ら以外にも数多の天才たちが
繰り広げる競争という名の自らとの闘い。
第1次から3次予選そして本選を
勝ち抜き優勝するのは誰なのか?
(Amazonより)

スポンサーサイト
ブラック・ベルベット(恩田陸)
2016年02月20日 (土) | 編集 |


外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。
ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。
一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。
ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。
恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとは――?
(Amazonより)



夜の底は柔らかな幻 上
2013年12月21日 (土) | 編集 |
夜の底は柔らかな幻 上夜の底は柔らかな幻 上
(2013/01/12)
恩田 陸

商品詳細を見る


夜の底は柔らかな幻 下夜の底は柔らかな幻 下
(2013/01/12)
恩田 陸

商品詳細を見る


私と踊って(恩田陸)
2013年04月10日 (水) | 編集 |
私と踊って私と踊って
(2012/12/21)
恩田 陸

商品詳細を見る


この世の終わりに踊る時も、きっと私を見ていてね。
ダンサーの幸福は、踊れること。
ダンサーの不幸は、いつか踊れなくなること
――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフに、
舞台を見る者と見られる者の抜き差しならない関係を
ロマンティックに描いた表題作をはじめ、
ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、
物語に愛された作家の脳内を映しだす全十九編の万華鏡。
夢違
2012年08月20日 (月) | 編集 |
夢違夢違
(2011/11/11)
恩田 陸

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。
夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、
亡くなったはずの女の影に悩まされていた。
予知夢を見る女、結衣子。俺は幽霊を視ているのだろうか?

そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。
各地の小学校で頻発する集団白昼夢。
狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、
そこにある符合を見出す。
悪夢を変えることはできるのか。
夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を
待っていたものは―。
人は何処まで“視る”ことができるのか?