03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-08-14 (Sun)


_
36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、
婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。
「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。
第155回芥川賞受賞。

スポンサーサイト
→ ReadMore
| 作家:マ行 | COM(-) | TB(-) |
2015-09-22 (Tue)



お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、
彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、
それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。
彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた
]真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を
史上初の大増刷に導いた話題作。

→ ReadMore
| 作家:マ行 | COM(-) | TB(-) |
2014-10-12 (Sun)
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
(2011/08/28)
村岡 恵理

商品詳細を見る


戦争へと向かう不穏な時勢に、翻訳家・村岡花子は、カナダ人宣教師から友情の証として一冊の本を贈られる。
後年『赤毛のアン』のタイトルで世代を超えて愛されることになる名作と花子の運命的な出会いであった。
多くの人に明日への希望がわく物語を届けたい―。
その想いを胸に、空襲のときは風呂敷に原書と原稿を包んで逃げた。
情熱に満ちた生涯を孫娘が描く、心温まる評伝。

→ ReadMore
| 作家:マ行 | COM(-) | TB(-) |
2014-08-03 (Sun)
村岡花子エッセイ集 曲り角のその先に村岡花子エッセイ集 曲り角のその先に
(2014/04/25)
村岡 花子

商品詳細を見る

→ ReadMore
| 作家:マ行 | COM(-) | TB(-) |
2008-08-17 (Sun)
新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫 (み9-7))
(2007/03/15)
宮尾 登美子

商品詳細を見る


新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)新装版 天璋院篤姫(下) (講談社文庫 み 9-8)
(2007/03/15)
宮尾 登美子

商品詳細を見る


ランキングご協力お願いします♪



→ ReadMore
| 作家:マ行 | COM(0) | | TB(0) | |